KAERU CAMP

 


・クライアント
復興庁(「新しい東北」先導モデル事業)

・助成
宮城県(みやぎ地域復興支援助成金)

・企画・運営
NPO法人スマイルスタイル、NPO法人Co.to.hana

・協力
女川町、NPO法人アスヘノキボウ、女川みらい創造株式会社、女川町社会福祉協議会、株式会社岡清

第1回 KAERU CAMP  第2回 KAERU CAMP

「このまちに潜む4つの課題を解決せよ!」
アントレプレナーシップを育む、ミッションキャンププログラム。

地域や企業が抱える課題をミッションとして設定し、高校生がリサーチ・ヒアリングを行った上で、解決に向けたアクションプランを考案する2泊3日のキャンププログラム。
復興に向けたさまざまな取り組みが進む宮城県女川町を舞台に開催しました。

 

 

http://kagikakko.jp/wp-content/uploads/2017/11/web写真整理-09-600x400.png

 

高校生に出題されたミッションは、「新駅舎前広場の活用方法」「遊びにおいでと言えない仮設住宅の子どもたちの居場所づくり」「輸出規制のある地元食材ホヤの魅力発信方法」「女川を観光地として再生したい!魅力あるツアーの開発」の4つ。
2日間でプランを考案した後、3日目の最終日は地元企業・団体、地域住民を招き、発表会を開催しました。一部はその後ブラッシュアップし、現在、新プロジェクト「高校生百貨店」にて、事業化を進めています。

 

 

http://kagikakko.jp/wp-content/uploads/2017/07/web写真整理-02-600x400.png

また、企画から当日運営・フィードバックに至るまで、大学生スタッフを導入し、大学生世代の育成にもつなげました。


 

実施情報

実施期間


実施場所


参加高校生合計


参加高校一覧

2014 年11月1日(土)~3日(月・祝日)


女川町(トレーラーハウス宿泊村「EL FARO」、女川総合体育館、復興まちづくり情報交流館など)


高校生15 名、大学生7名


東北学院榴ケ岡高校、宮城野高校、仙台青陵中等教育学校、好文館高校、松島高校、仙台二華高校、石巻高校、涌谷高校、仙台第一高校、新庄南高校、鶴岡中央高校

 

ページ上部へ戻る