いしのまきカフェ「」

いしのまきカフェ「    」


・企画
NPO法人スマイルスタイル、NPO法人Co.to.hana、NPO法人み・らいず

・運営
特定非営利活動法人 かぎかっこPROJECT

・助成・寄付
全日本社会貢献機構
公益財団法人東日本大震災復興支援財団
「子どもサポート基金」
「5」のつく日。JCBで復興支援
※本プロジェクトは当初、フィリップ モリス ジャパン株式会社の支援を受け、東日本大震災の被災地の子ども支援共同プロジェクト「Doorway to Smiles」として、日本財団とNPO 法人3 団体(NPO法人み・らいず、NPO法人スマイルスタイル、NPO法人Co.to.hana)の協働による企画・運営にてはじまりました。現在は、上記の助成・ご寄付をいただき、活動をおこなっています。

 

  高校生がゼロからのカフェづくりと運営を通し、石巻のまちを元気に!

高校生が、地元資源の活用や、地域の人々の協力のもと、ゼロからのカフェづくり・ワークショップを通して、リアルな社会体験を得るプロジェクト。活動では、商品開発、イベントや空間づくり、出店販売などを介して、主体的に地域の魅力発掘や発信をおこないます。

2012 年6 月、石巻の様々な学校から約40 名の高校生が集まり、カフェづくりがスタート。
すべてをゼロからおこなうため、真っ白な空間以外、メニューも何もなく、店名も「  」と空けてありました。
商品開発・空間デザイン・情報発信の3 チームで役割分担し、それぞれ専門家やまちの人々とコラボしながらカフェづくりを進める中で、彼らが決めた店のコンセプトは「まちを元気にする場所」。
店名は、何でも入る可能性や個性、原点のワクワクを大切にしたいという高校生の想いから「  」のままに。

 

そして2015年11月、カフェのオープンから3年。
この場所を巣立った卒業生たちも、高校生をサポートする大人スタッフとして引き続き携わったり、お店の営業を担っています。
いしのまきカフェ「  」はこれからも、高校生世代にとって学校やバイトでは体験できない学びの場として、そして石巻を元気にする場所として、地域とともに成長していきます。

 


 

実施情報

実施期間


参加高校生

 


参加高校一覧

 


カフェ営業時間

2012年6月~現在


のべ75人(現在は7名のメンバーが、主に活動中)
+体験会や交流ワークショップなど、他地域からのべ400名程度


石巻高校、石巻北高校、石巻工業高校、石巻好文館高校、石巻市立桜坂高校、旧・石巻市立女子高校、旧・石巻女子商業高校、石巻商業高校、石巻西高校、旧・女川高校、東松島高校、美田園高校、宮城県水産高校、宮城野高校 など


11:30〜16:00(定休日 木)
現在、活動休止中のため、大人スタッフが営業中。
高校生による時別営業は、SNSをチェック。


 

アクセス

宮城県石巻市穀町14-1 石巻市役所1F (石巻駅から徒歩1分)

 

ページ上部へ戻る