ブログ

ハタラクハク winter2019 終了!

2月1日にお仕事博覧会ハタラクハクを開催しました!

もうすぐ進級、新しい進路に進む時期となり、進路どうしよう・・と考える高校生も多いと思います。

そんな高校生に少しでも自分の道を切り開くヒントやきっかけを掴んでほしいと思い、ハタラクハクを実施しました。

ハタラクハクは、就職合同説明会のような仕事内容や福利厚生などをお話するのではなく、仕事を通して自分の人生や社会、お客様をどんな風に幸せにしたいか、大人が高校生に話す場です。

ご協力企業さんの話し方が本当に上手でおもしろいので、高校生も巻き込みながら対話もしつつ、普段聞けない話を高校生たちは聞くことができたように思います。

 

今回は、石巻ウェディングさま、合同会社カイタクさま、イシノマキファームさま、ビヨンドさまにご協力いただきました。

(詳しくは各リンクへ!高校生の反応、スタッフによる熱烈な感謝を綴らせていただきました)

 

業種は様々ですが、どの企業さんにも共通する点がありました。それは、

・同業社よりひとつもふたつも、新しい取り組みを実行されていること

・仕事を通して自分の人生と地域社会を豊かにしようと務められていること です。

そして、それはそう簡単なことではありませんが、それを楽しそうに実行されているのがまた魅力的でした。

 

今回聞いた話の中で、高校生たちがすぐに取り入れられることもあれば、社会人になったタイミングで活かせることもあると思います。

高校生たちが悩んだ時に、「そういえば!」と今回のお話を思い出したり、「あの時の大人の人たちすてきだったなあ」と勇気付ける思い出として残り続けることを願います。

 

社会人の話を聞く場は学校でもあると思います。では、私たちのハタラクハクは何が違うのか?

それは、「高校生が自分で勇気を出して参加する一歩を踏み出す」ということです。

ただ聞く、その場が必然と用意されているのではなく、自分で参加しようと決めて来ないといけない。

その経験が結果的に話を聞くモチベーションや満足度にも大きく関わってくると思います。

高校生たちには胸を張って「こんな話を聞いたんだ!」と、家族や友達に自慢してほしいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る