ブログ

ハタラクハクsummer2019 協力企業ご紹介

8/22(木)に開催されたハタラクハクsummer2019にご協力いただいた企業さんのご紹介です。

ハタラクハク経緯や全体の様子はこちらのページをcheck!!!


【株式会社山形屋商店 山形政大さん】山形屋商店さんは明治時代から続く老舗のお醤油屋さんですが、昔ながらの伝統を守りながらも、今の時代に合った、ユニークな商品もたくさん作られています。(お醤油をベースにしたノンオイルドレッシングや牡蠣やわかめ、さんま専用のお醤油、009のパッケージの調味料シリーズなど)そんな山形屋商店の山形さんは、自社だけでなく、他社との連携で商品を作ったり、イベントを企画することの楽しさや大切さを教えてくださいました。体験コーナーでは同じ容器に入った調味料の重さを当てるクイズやわかめの試食を自社の調味料を使って食べさせてくれたりと、盛りだくさんのコンテンツでした!そして来場者全員にお醤油ファイルとふりかけのプレゼントまで・・・!山形さんはそれはもう、神様のようにお優しい、ふかい愛情で会場を包んでくださいました!

 

【有限会社フジヤ 伊勢瑛さん】フジヤさんは宮城県に7店舗を持つ地域密着型衣料品店です。衣類はもちろん、布団関係(今の時期だと夏用クール敷き布団カバーなど)、日用品(洗剤やシャンプーなど)、文房具、雑貨など、本当に品揃えが豊富なんです。なおかつ低価格という!当日はフジヤさんの低価格の凄さを知ってもらう商品価格当てクイズをしていただきましたが、上下トータルコーディネートがほぼほぼ¥2000でできてしまうくらい、驚きの安さに高校生たちもびっくりしていました!オシャレが好きな高校生たちも、アパレル関係のお仕事の話はなかなか聞く機会が少ないので、とても興味深く話を聞いていました。きっとこれからフジヤさんへ行った際には、今まで気がつかなかったことに目を向けて買い物を楽しめると思います。伊勢さんは当日とても分かりやすいスライド資料を作ってきてくださったり、高校生の目線に合わせてお話をしてくださいました!そして何を隠そう、わたくしスタッフ加藤はフジヤさんの大ファンでして!それはもう打ち合わせの時から興奮を抑えきれず!!フジヤさん持ち込みの椅子カバーにもちゃっかり座ってきました!!!・・・長くなりそうなので割愛・・・

 

【株式会社よつばファーム 熱海光太郎さん】よつばファームさんは東松島で農業をされていて、ドレッシングなどの商品化や農業体験の受け入れなども行っていらっしゃいます。当日はミニトマトを持ってきてくださり、食べさせていただいたのですが、それはもう!あまい!!おいしい!!!お話の中では、農業の歴史的な部分で、農業の語源なども説明してくださいました。それもそのはず、熱海さんは農学部をご卒業されたので、農業の知識をたくさん持っていらっしゃるのです。よつばファームさんは昔からやっているからそれが正しいと決めつけて同じことを続けるのではなく、常により良くするためにどうすればいいかを考えて仕事を積み重ねているとおっしゃっていました。震災後に農業を会社として始めた覚悟と想いがこの言葉から伝わってきました。また、石巻圏域は水産加工のイメージも強いため、農業の話を初めて聞く高校生も多く、すごく熱心に話を聞いていました!

 

【一般社団法人カイタク 山野目真悟さん】カイタクさんは三陸の商品を市内外のイベントや物産市で販売するほか、エスパル仙台地下のお土産物売り場で「みやぎ水産の日 アンテナショップ」というお店を運営していらっしゃいます。当日はそのスキルを活かしてギフトの包装体験をしたり、お土産でノンアルコール日本酒サイダーや試作中のほや飴をくれたりと、特典盛りだくさんで高校生たちがとても嬉しそうでした(笑)カイタクさんのお話を聞いた高校生はみんな口を揃えて『何をするかより、誰とするかが大事』という言葉が印象に残ったと言っていました。なかなか若いうちは自分で人を集めて何かにチャレンジすることは難しいかもしれませんが、その時が来た時はこの言葉を信じて頑張ってほしいです!また、この気持ちを持って人と関わることで相手との関係性もよりよいものになると思いますので、これからも大事に心に残しておいてほしいなと思います。

 

【一般社団法人フィッシャーマンジャパン 松本裕也さん】フィッシャーマンジャパンさんは水産加工の仕組みに革命を起こしている企業さんで、水産業の人材育成であったり、飲食店の運営や商品の流通など、様々な方法で水産業の課題を解決し、魅力発信に努められています。当日は、そういったフィッシャーマンジャパンさんのこれまでの取り組みの説明はもちろん、石巻の水産業の現状から世界と日本の水産業の実態などをクイズ形式で説明していただきました。高校生たちは「水産業っていま、そういう状況なんだ・・・!」と、良くも悪くもリアルに知ることができたと思います。そして松本さんご自身はとても普通ではない(100%良い意味で)人生を歩まれてきた方で、「道を踏み外していいじゃない!」「自分のやりたいことを本気で口にしていいじゃん!」と、自分で決めつけて諦める壁を取っ払うエールを送っていただきました!


今回ご協力いただいた5社のみなさまは、同級生同士だったり、母校が一緒だったり、石巻圏域のイベントでご一緒したことがあったり、共通の知人がいたりと、もともととても仲が良く、すぐに仲良くなられてハタラクハクに臨んでくださいました!その企業さん同士の盛り上がりが高校生に伝染して、楽しい空間になったように感じます!

素敵な企業のみなさまにご協力をいただけるかぎかっこは本当に幸せ者です。この嬉しさをより多くの高校生に伝染させていけるよう、引き続き頑張って参ります!

みなさま、本当にありがとうございました!

関連記事

ページ上部へ戻る